旅行系サイトご案内!

モン・サン・ミッシェルの魅力

モン・サン・ミッシェルは、海岸線から1キロほど沖に突き出た岩山で、フランスでもっとも有名な巡礼地です。堤防からラヴァンセ門をくぐり進むと、みやげ物店、名物のオムレツを供するレストラン、ホテルなどが軒をつらねる参道グランド・リューが修道院までのび、シーズン中数多くの観光客でにぎわっているのです。ヨーロッパ最大の干満差が観測され、かつては満潮になると島への道が消えてしまい、波にのまれた巡礼者も数多くいました。現在は堤防によって結ばれ、潮の満ち引きに関係なく訪れることができるようになりました。しかし、近年はその堤防のせいで砂が沈殿、堆積し、ぐるりと海水で囲まれることは稀となってしまい、海が「馬が駆けてくるような」速度でモン・サン・ミッシェルまで押し寄せる光景はなかなか見られなくなってしまったのです。そこで、2005年より、障害となる砂と車を整理し、モン・サン・ミッシェル本来の姿に戻す環境整備工事が進められていて、周辺は危険な流砂床となっていて、勝手に歩くのは禁止されていますが、ガイドを伴って散策するツアーは地元で開かれています。

Copyright (C)2014世界を見に行こう!魅力的な海外観光地.All rights reserved.